ブログネタ
サラリーマン投資家 に参加中!
モダンポートフォリオ理論というと、

ポートフォリオ理論と呼ぶことが多いみたいですが

実際に実体を知っている人は少ない。

簡単にいうと

1952年にハリー・マーコウィッツ(Markowitz)が

最適なリスク管理を数学的に分析した理論で

効率的な市場(ファンダメンタル分析など全ての判断材料がすでに価格に盛り込まれている市場)では異なる動きの銘柄をポートフォリオに組み込むことでリスクを相殺し、同じリターンを得るという分散投資なるもの。

色々考え売買するより(アクティブ運用という)、
全ての銘柄に投資する(パッシブ運用)
(225株価指数など指数銘柄(市場平均)に投資するのが一般的)が
パフォーマンスがいいことが大半ということから
納得いくと思う。

ほぼ10年間続けてインデックスのパフォーマンスに
勝てる投資家がいないなど。

代表的な活用方法として

資産三分法(株式、債券、不動産)



資産四分法(株式、債券、不動産、商品)

がある。

慣用句として
「卵は一つの籠に盛るな」

がある。

また、リスクをとる代わりに得るリターンを
「リスクプレミアム」

という。




【PR】トップトレーダーへの登竜門!One Minute FX!